CT導入による安全性の高いインプラント

CT導入による安全性の高いインプラント

歯科用CTの導入

歯科医師の経験や勘に頼らず、「歯科用CT」を用い、インプラント治療等の際に客観的な判断基準をもとに安全なインプラント治療を行っております。
歯科用CTにより、通常の2Dレントゲンで確認できない病気の早期発見、病状の進行具合等、より詳しく確認して病状にあわせた治療が行えます。
また、インプラントの治療時にも総合病院等にCTを撮りに行く手間がありません。

尚、CTによりインプラントのほかに、親知らずの抜歯、矯正歯科治療、歯周病治療の際の骨の状態把握、根管治療等の際にも高解像度のデータを入手でき、安全に治療を行うことが可能です。

CTによる3次元データ解析診断画像

複数の画面によって位置や角度を変えて必要な部分の断層を見ることができます。
3D に反映されることで骨質、組織を含めた立体映像をリアルに再現します。

正確な術前の治療計画

インプラント治療を受けられる際の術前の検査、術中術後の確認、一般歯科治療での智歯(親知らず)の抜歯に際しての検査、歯根の破折などの炎症の原因確定、上顎洞炎・のう胞の診断を平面だけではなく、3次元を映し出し正確な検査を院内で行います。

診断から手術までの時間の短縮

取り込まれたデジタルデータを元に、お口の中(骨)の状態が詳しく分析出来るため、インプラント手術の安全性、確実性、埋入精度を高めることが可能です。
また、矯正、歯周病などその他の治療においても、精度の高い治療計画を立てることが可能です。

安全性について

当院のCTは撮影時間も短く低被曝量が特徴で、患者様にとって安全な設計となっています。
コンピュータによる3Dデジタル画像分析で、安全で確実な治療を受けていただく検査をします。



このページのTOPへ